11/2 報告会を行いました!

11月2日、ぬまづのたかラボで報告会を開催いたしました。

溜船長の帰還の挨拶から始まり、沼津市シティープロモーション課斉藤係長、静岡県議会議員の曳田卓様、Amiヨットクラブ副会長の木下様に来賓挨拶をいただきました。

その後、帆船レース「SCF Far East Tall Ships Regatta 2018」に参加したクルーと一緒に、3ヶ月半の航海を振り返りました。
詳しくはこちらの動画をご覧ください。
(当日流した動画は、個別にYouTubeにアップロード予定です)

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

また、当日の様子は、静岡新聞様に取材いただき、新聞・ウェブニュースの両方で掲載いただきました。
韓国-ロシア帆船レース、沼津のAmi号2位 船長ら報告会 (静岡新聞アットエス)

11/10,11 メンテナンスを行います

長旅でお疲れの帆船Ami号を
みんなの手できれいにしてみませんか?
 
掃除やニス塗りなどをみんなでしていきます。

都合の良い時間帯だけでも大丈夫!
皆さんと一緒に作業していきましょう✨

【日時】
11月10日(土)、11日(日)
それぞれ10時頃〜夕方くらいまで
ご都合の良い時間帯でOKです!
  
【持ち物】
●飲み物
●汚れても良い服装(スカート禁止)
●スニーカーなどゴム底の靴(ヒール禁止)
●タオル、軍手(もしくは作業用手袋)、着替え
 
【静浦港への公共交通機関での行き方】
〔行き〕
沼津駅南口バス乗り場 7番(伊豆箱根)
沼津駅 8:15 – 獅子浜北 8:32
港まで徒歩5分
料金 370円

〔帰り〕
獅子浜北バス停〜沼津駅方面へのバスは
15時、16時ともに1時間あたり4本程度ございます。

11/17-18 海王丸に会いに行こう!静浦〜清水 1泊2日クルーズ(日帰り可)

清水港までの体験航海です。
初日に静浦から清水港まで
2日目に清水港から静浦に戻ります。
 
この日は、ロシアでも交流した帆船海王丸が清水港に停泊予定。
清水港で海王丸と交流の機会を図ります。
そして、17日の行きには、神戸から田子の浦港に来ている「帆船みらいへ」にも会えるかも!?
 
皆様のご参加をお待ちしております!
  
【開催日】
●行き:11月17日(土) 静浦港8時発、清水港12時過ぎ頃入港予定(日の出お祭り広場前)
 帆を上げたり、田子の浦港からの帆船と交流しながら向かう予定です
●帰り:11月18日(日) 13時清水港発、16時頃静浦港到着予定
 
※日帰り、1泊2日のどちらでも可能です。また、船内泊も可能です。
 乗船日数や宿泊場所はコメントに書いていただくか、溜船長まで連絡をお願い致します。(TEL 090-7319-9161)
※入港時間は目安です。天候その他の理由により、変更になる場合がございます。
 
【募集人数】
各日12名
 
【参加費】
・1日当たり10,000円(食事代別途)
・小学生以下無料 (保護者同伴)
   
【持ち物】
・動き易い服装(スカート禁止)
・スニーカーなどゴム底の靴(ヒール禁止)
・雨ガッパ、上着、帽子(紐付)、サングラス
・タオル、軍手(もしくは作業用手袋)、着替え
・飲み物、常備薬等は各自持参願います
 
【静浦港への交通】
〔行き〕
沼津駅南口バス乗り場 7番(伊豆箱根)
沼津駅 7:15 – 獅子浜北 7:35
港まで徒歩5分
料金 370円
〔帰り〕
獅子浜北バス停〜沼津駅方面へのバスは
15時、16時ともに1時間あたり4本程度ございます。
 
 
【清水港への行き方】
日の出お祭り広場前に停泊します。
●公共交通機関をご利用の方
JR清水駅または静岡鉄道新清水駅下車、しずてつジャストライン 三保山の手線「波止場・フェルケール博物館」バス停下車施設まで徒歩5分
●清水駅からの「ドリームプラザ無料シャトルバス」
JR清水駅~静岡鉄道新清水駅~エスパルスドリームプラザまで無料バスを運行しています。所要約10分
●水上バス
JR清水駅東口より徒歩5分。河岸の市近くの「江尻のりば」~「日の出船のりば」下船 徒歩0分。
●東京方面の方は、JR高速バス「しみずライナー」もございます
JR東京駅~「新清水」または「清水駅前1番のりば」で下車し、上記の【公共交通機関】や【ドリームプラザ無料シャトルバス】をご利用ください。
乗車券発売は、JRバス(新宿駅、東京駅)または、しずてつジャストライン(清水駅前、新静岡)窓口へどうぞ。
  
 
【その他】
●悪天候の場合は出港を見合わせます。
 前日18時に出港の可否を決めます。
●船舶保険はAmi号で加入しています。
(適用は骨折から、合計1億円まで)
持ち物ほか旅行任意保険は各自でご加入ください。
●乗船料は当日お支払いとなります。
●お申し込み後の無断キャンセルは固くお断りします。
乗船のキャンセルは出港2日迄に、
ご宿泊のキャンセルは出港7日迄に
ご連絡ください。

 
【申込方法】
●イベントページで参加ボタンを押してください。
●先着順の受付となります。

11/2に帆船Ami号 国際帆船レースの報告会を行います!

沼津市静浦港を母港とする帆船Ami号は、
6月23日より国際帆船レース「SCF FAR EAST TALL SHIPS REGATTA 2018」(平成30年8月27日~9月14日)に参加するため航海をスタート、初の海外渡航、そして海外帆船レースへの参加を経て、10月9日に無事静浦港に帰港致しました。
 
9月4日に韓国の麗水(ヨス)を出発、レース中はエンジンを使わずに帆走を続け、9月9日にウラジオストクに無事到着。B〜Dクラスで2位受賞致しました。
 
このたび、多くの皆様の応援をいただきました航海の報告会を設けたく、ご案内致します。
たくさんの方のご来場をお待ちしております!
 

報告会概要

●日時:平成30年11月2日(金) 19時00分から
●場所:ぬまづのたかラボ (沼津市大手町3-4-1 沼津ラクーン3階 沼津駅より徒歩3分)
●内容:3ヶ月半を走り抜けた帆船Ami号の航海について、動画や写真を交えながら船長やクルーから旅のエピソードを披露致します。7人の男たちの6日間の戦い。どのようなドラマがあったか、お楽しみに!

帆船Ami 英語版パンフレット(Schooner Ami English Brochure)

leaflet_ami_SCF_Far_East_Tall_Ships_Regatta_2018この度、帆船Amiが帆船レースSCF Far East Tall Ships Regatta 2018 に参加するにあたり、英語版パンフレットを作成致しました。


About the Schooner Ami

Schooner Ami is the only two-masted topsail schooner in Japan open to the public and providing public sails.
Built in November 1990 in Numazu City, Shizuoka Prefecture, she was originally designed for a private company as a sail training ship, aimed to train employees so as to develop their leadership and communication skills.
Later she was gained by Captain Tamari and named “Ami”, and today she is operated by him along with many volunteers who support him.
Schooner Ami offers day sails and three-day short breaks on Suruga Bay, as well as summer voyages to Seto Inland Sea. More than one hundred people get hands-on sailing experience on board her every year. Charters for schools and corporations are available, and also sail training programs for hight school students.

About Numazu City

Numazu City, where schooner Ami lays her anchor, is located between Mt. Fuji, the highest mountain in Japan, and Suruga Bay, the deepest bay in Japan. With Mt. Fuji in the background, Suruga Bay is known for its beautiful scenery, and is among members of “the Most Beautiful Bays in the World Club”. In the east of Suruga Bay, Izu peninsula reserves Izu Peninsula Geopark, which is designated as UNESCO Global Geopark in 2018.
Blessed with a rich natural environment and a mild climate, the city has taken the central role of the area in political, economic, and cultural activities. There is a variety of industries such as a wide range of fresh seafood, agricultural products e.g. mandarin oranges and green tea, tourism, commerce and advanced technology developments.
Through the middle of the city flows Kano River. The landscapes had attracted and affected authors for their writing life, and numbers of great literary figures created pieces based in the place.

Relationship between Heda District, Numazu City and Russia

The historical relationship of Numazu City with Russia dates back well over 150 years ago.
In 1854, Russian fleet, commanded by Y. V. Putyatin arrived at Shimoda Port. Putyatin’s mission was to demand Japan to open its ports with Russia. However, the fleet was badly damaged in the midst of a disaster of major earthquake and tsunami, and the flagship Diana was shipwrecked on its way to Heda, where she was going to be repaired. Around 500 crew members escaped and survived, ended up forsaking Diana.
After Treaty of Shimoda (the first treaty between Japan and Russia) was concluded, Putyatin asked the Tokugawa Shogunate (the last feudal government, known for the Edo period) for permission to build a new ship, and the Shogunate allowed the Russians to stay in Heda and decided to help them return to their country by building a ship. Local shipbuilders and the Russian sailors collaborated and built an 80-foot, 80- ton two-masted schooner in two months.
The vessel was named “Heda”, in honor of the village that supported the construction of the ship. Schooner Heda was the first-ever Western-style ship built in Japan, and to be the prototype of larger ships produced in the last years of the Tokugawa Shogunate afterward.
We are deeply impressed that Schooner Ami, based in Numazu City that includes Heda in its domain, takes part in the “SCF Far East Tall Ships Regatta 2018” in the year of “Japan Year in Russia”. We believe that Ami’s participation will promote cultural and people-to-people exchanges between Japan and Russia.

ダウンロードはこちらから