帆船Ami 英語版パンフレット(Schooner Ami English Brochure)

leaflet_ami_SCF_Far_East_Tall_Ships_Regatta_2018この度、帆船Amiが帆船レースSCF Far East Tall Ships Regatta 2018 に参加するにあたり、英語版パンフレットを作成致しました。


About the Schooner Ami

Schooner Ami is the only two-masted topsail schooner in Japan open to the public and providing public sails.
Built in November 1990 in Numazu City, Shizuoka Prefecture, she was originally designed for a private company as a sail training ship, aimed to train employees so as to develop their leadership and communication skills.
Later she was gained by Captain Tamari and named “Ami”, and today she is operated by him along with many volunteers who support him.
Schooner Ami offers day sails and three-day short breaks on Suruga Bay, as well as summer voyages to Seto Inland Sea. More than one hundred people get hands-on sailing experience on board her every year. Charters for schools and corporations are available, and also sail training programs for hight school students.

About Numazu City

Numazu City, where schooner Ami lays her anchor, is located between Mt. Fuji, the highest mountain in Japan, and Suruga Bay, the deepest bay in Japan. With Mt. Fuji in the background, Suruga Bay is known for its beautiful scenery, and is among members of “the Most Beautiful Bays in the World Club”. In the east of Suruga Bay, Izu peninsula reserves Izu Peninsula Geopark, which is designated as UNESCO Global Geopark in 2018.
Blessed with a rich natural environment and a mild climate, the city has taken the central role of the area in political, economic, and cultural activities. There is a variety of industries such as a wide range of fresh seafood, agricultural products e.g. mandarin oranges and green tea, tourism, commerce and advanced technology developments.
Through the middle of the city flows Kano River. The landscapes had attracted and affected authors for their writing life, and numbers of great literary figures created pieces based in the place.

Relationship between Heda District, Numazu City and Russia

The historical relationship of Numazu City with Russia dates back well over 150 years ago.
In 1854, Russian fleet, commanded by Y. V. Putyatin arrived at Shimoda Port. Putyatin’s mission was to demand Japan to open its ports with Russia. However, the fleet was badly damaged in the midst of a disaster of major earthquake and tsunami, and the flagship Diana was shipwrecked on its way to Heda, where she was going to be repaired. Around 500 crew members escaped and survived, ended up forsaking Diana.
After Treaty of Shimoda (the first treaty between Japan and Russia) was concluded, Putyatin asked the Tokugawa Shogunate (the last feudal government, known for the Edo period) for permission to build a new ship, and the Shogunate allowed the Russians to stay in Heda and decided to help them return to their country by building a ship. Local shipbuilders and the Russian sailors collaborated and built an 80-foot, 80- ton two-masted schooner in two months.
The vessel was named “Heda”, in honor of the village that supported the construction of the ship. Schooner Heda was the first-ever Western-style ship built in Japan, and to be the prototype of larger ships produced in the last years of the Tokugawa Shogunate afterward.
We are deeply impressed that Schooner Ami, based in Numazu City that includes Heda in its domain, takes part in the “SCF Far East Tall Ships Regatta 2018” in the year of “Japan Year in Russia”. We believe that Ami’s participation will promote cultural and people-to-people exchanges between Japan and Russia.

ダウンロードはこちらから

2018夏航海 ご協賛等応援いただきました皆様のご紹介

2018年の夏の航海では、おかげさまでたくさんの方に応援いただいております。本当に有難うございます。
協賛・ご協力いただきました皆様をご紹介致します。
(2018.6.21現在 随時追記致します)

企業協賛

高橋クリニック様
友和組合様 七尾たくあん
キッチンアンドテーブル様
沼津信用金庫様
雄大グループ様
トニーズホノルル様
日本ベルト工業様
システムナオ様
富士興産
ソローキンの見た桜

下田自動車様

オアシスの会様

物資・技術等ご協力

沼津のJ3チーム「アスルクラロ沼津」のユニフォームも手がける山本被服様には、ロゴマークつきのポロシャツをご提供いただきました!
山本被服様

平成建設様

岡村造船所様

マックス富士様

内浦造船所のブログ
内浦造船所さんも、2週間に渡る長い期間、大変お世話になりありがとうございました。ブログでは、Amiのことをたくさん取り上げていただきました!

SCF Far East Tall Ships Regatta 2018 Facebookページ
帆船レース主催者のFacebookページ。Amiの記事もたくさんシェアいただき応援いただきました。
もちろん管理人様とお会いしたことはありませんし、言葉は時々ロシア語、英語を介してしかわからないものの、数ヶ月間心が通じる交流を感じました(^^)

個人協賛

栗原 佳子 様
深沢 正紘 様
水谷 隆一 様
千秋 直人 様
岩﨑 一雄 様
川合 正 様
鋳物 良雄 様
川端 恵美 様
高野 康一 様
野崎園 様
Tamami Gavrilovic 様
佐々さとの様
龍崎 亨 様
大竹 保 様
馬場 倫子 様
矢野 敏和 様
鈴木かおる 様
鈴木 重雄 様
木村 臣男 様
柿島よしかず様
長澤 英代 様
白須 雅一 様
笹原かよ子様
河邊美奈子様
伊倉様
小森 輝代様
Kay Kumsum Lee様
米野 誠様
田中みどり様
酒井 俊彦 様
龍崎 亨 様
峯尾佐都子様
登内 美香 様
工藤 喜光 様
菅沼 弘 様
岩本 清美 様
加藤 志津江様
藤原 頼子 様
佐々木 和雄 様
曳田 卓 様
吉村 和彦 様
宇佐美 直樹 様
三村 政江 様

Ami2018夏航海のパンフレットです!

2018年夏航海向けにパンフレットを作成致しました。
以下よりダウンロードしてご覧いただけます。
冊子は6/23のお見送り時以降、帆船Amiに積んでお出かけしますので、その時にご覧いただけます。
「こんな小さな帆船が世界へ!」(PDF)

ご支援まだまだお待ちしております!

もうすぐ30年を迎える帆船Ami。まだまだご支援・応援・ご協力いただけると嬉しいです!
帆船Ami 国際ヨットレースへのご支援のお願い

3ヶ月の航海期間中へのご乗船・応援も大歓迎です!
2018年夏航海スケジュール

お問い合わせフォームから気軽にお問い合わせください(^^)

6/23 海外へのチャレンジに向けて!帆船Ami お見送りイベント

このたび帆船Amiは、ヨス(韓国)〜ウラジオストク(ロシア)間で開催される帆船レース SCF Far East Tall Ships Regatta 2018に招待いただき、レースへの参加に向けて6月23日に沼津を旅立ちます。
また、道中、7月21日−29日には新潟開港150周年イベント「海フェスタにいがた」にも参加します。
(帆船Amiは、体験乗船のみ参加となります)
 
つきましては、帆船Ami初の海外航海へのチャレンジに向けて、お見送りイベントを開催することとなりました。
ぜひたくさんの皆様の温かい応援・ご支援をよろしくお願い致します!
 
・日時:2018年6月23日(土)9:30-10:30
・場所:沼津港

【式次第(予定)】
・沼津市長ご挨拶
・花束贈呈(2018ミス・ユニバース静岡代表 露木樹里様)
・歌手 たなかみどり様による演奏
・船長挨拶
・クルー乗船、出航
 
【ご参考】
・航海スケジュール
 ※1日単位で乗船可能です!まだまだ乗船を承っております。
 http://www.schooner-ami.com/2018-summer-schedule/
・帰港予定:2018年10月1日

「ロシアにおける日本年」事業認定いただきました!

国際帆船レース「SCF Far East Tall Ships Regatta 2018」へのAmiの参加に関して、外務省より「ロシアにおける日本年」事業認定をいただきました!

ロシアにおける日本年マーク

今後、「ロシアにおける日本年」公式ホームページにも掲載いただく予定です。(2018/6/5現在、まだ掲載されていません)

なお、SCF Far East Tall Ships Regatta 2018のホームページにも「ロシアにおける日本年 日本におけるロシア年2018」のロゴがあるので、レース自体も事業認定を受けているようです。

Amiが日本とロシアの架け橋となれるように頑張りますので、皆様の応援をよろしくお願い致します!

2018年夏航海スケジュール

2018.9.20現在のスケジュールです。
変更次第、随時更新致します。

【乗船可能】とあるところは、1日単位で乗船いただけます。皆様のご乗船をお待ちしております!
※天候によるスケジュールの変更があり得ますので、必ず溜船長にお問い合わせ下さい。TEL : 090-7319-9161

お申込みはこちらから

【航海:乗船可能】
※出航時間の記載がない箇所は、7:00AM出発です。

6月23日(土) 9:30 沼津港にてお見送りイベント その後出航
24日(日) 紀伊勝浦(和歌山県)180NM 16時着岸
26日(火) 紀伊勝浦-田辺(和歌山県) 17時着岸予定 58NM
27日(水) 田辺-徳島(徳島県) 15時着岸予定 45NM
28日(木) 徳島-小豆島(香川県) 13時着岸予定 36NM
29日(金) 小豆島-高松(香川県) 10時着岸予定 17NM
30日(土) 高松-尾道(広島県) 16時着岸予定 50NM
7月1日(日) 尾道(予備日)
2日(月) 尾道-宮島(広島県) 17時着岸予定 56NM
3日(火) 宮島-上関(山口県) 14時着岸予定 40NM
4日(水) 上関-姫島(大分県) 11時着岸予定 23NM
5日(木) 姫島-門司(福岡県) 16時着岸予定 49NM
6日(金) 門司-萩(山口県) 19時着岸予定 70NM
7日(土) 萩-浜田(島根県) 16時着岸予定 52NM
8日(日) 浜田-出雲(島根県) 15時着岸予定 47NM
9日(月) 出雲(予備日)
10日(火) 出雲-鳥取(鳥取県) 21時着岸予定 81NM
11日(水) 鳥取-豊岡(津居山)(兵庫県) 14時着岸予定 38NM
12日(木) 豊岡-舞鶴(京都府) 15時着岸予定 46NM
13日(金) 舞鶴-福井(福井県) 17時着岸予定 60NM
14日(土) 福井-金沢(石川県) 14時着岸予定 38NM
15日(日) 金沢-輪島(石川県) 17時着岸予定 59NM
16日(月) 輪島-狼煙(のろし)(能登半島)(石川県) 17時着岸予定 47NM
17日(火) 狼煙-佐渡(両津)(新潟県) 23時着岸予定 93NM
18日(水) 佐渡-新潟(新潟県) 13時着岸予定 32NM
19日(木) 新潟(予備日)
20日(金) 新潟(予備日)

【新潟開港150周年イベント】
21日(土)ー29日(日) 新潟港イベント(海フェスタ)

【航海:乗船可能】
30日(月) 新潟-珠洲佐渡(両津)(新潟県) 13時着岸予定 32NM
31日(火) 珠洲ー輪島早朝出港 両津-狼煙(石川県) 23時着岸予定 93NM
8月1日(水) 輪島ー金沢狼煙-輪島(石川県) 15時着岸予定 47NM
2日(木) 金沢-福井(福井県) 14時着岸予定 38NM輪島-金沢(石川県) 17時着岸予定 59NM
3日(金) 福井-舞鶴(京都府) 17時着岸予定 60NM金沢-福井(福井県) 14時着岸予定 38NM
4日(土) 舞鶴(予備日)福井-舞鶴(京都府) 17時着岸予定 60NM
5日(日) 舞鶴-伊根舞鶴(予備日)
6日(月) 伊根〜豊岡(津居山)(兵庫県)舞鶴-豊岡(兵庫県) 15時着岸予定 46NM
7日(火) 豊岡〜鳥取(鳥取県)豊岡-鳥取(鳥取県) 14時着岸予定 38NM
8日(水) 鳥取-境港(鳥取) 15時着岸予定 47NM
9日(木) 境港-出雲(島根県) 16時着岸予定 52NM
10日(金) 出雲-浜田(島根県) 15時着岸予定 47NM
11日(土) 浜田-萩(山口県) 16時着岸予定 52NM
12日(日) 萩ー下関(山口県)萩(予備日)
13日(月) 下関ー博多(福岡県)萩-粟野(山口県) 13時着岸予定 33NM
14日(火) 博多(予備日)粟野 -戸畑(福岡県) 15時着岸予定 43NM
15日(水) 博多(予備日)戸畑-博多(福岡県) 17時着岸予定 57NM
16日(木) 博多(予備日)
17日(金) 博多(予備日)
18日(土) 博多(予備日)
19日(日) 博多(予備日)
20日(月) 博多(予備日)
21日(火) 博多-壱岐(長崎県) 13時着岸予定 36NM
22日(水) 壱岐-対馬(長崎県) 14時着岸予定 37NM
23日(木) 対馬(予備日)
24日(金) 未明出港 対馬-麗水(Yeosu)(韓国) およそ120NM
25日(土) 麗水(予備日)
26日(日) 麗水(予備日)

【麗水イベント】
27日(月)ー31日(金)
一般公開、クルーパレード、イルミネーション等

【Race1】
9月1日(土) 夕方、麗水(韓国)-ウラジオストク(露国)レーススタート
レース日程-9月8日(土)迄 麗水-ウラジオストク
9月9日(日)レース最終ゴール

【ウラジオストクイベント】
9日(日)ー14日(金)
一般公開、クルーパレード等

【Race2】
9月11日(火) アムール港まで40NM

【航海:乗船可能】復路
9月14日(金) ウラジオストク-函館4日間 (およそ470NM)
15日(土) ウラジオストク-函館4日間
16日(日) ウラジオストク-函館4日間
17日(月) ウラジオストク-函館4日間
18日(火) ウラジオストク-函館4日間
19日(水) 函館(予備日)
20日(木) 函館(予備日)
21日(金) 函館〜八戸函館(予備日)
22日(土) 八戸(予備日)函館(北海道)-大間(青森県) 11時着岸予定 21NM
23日(日) 八戸-宮古(岩手県) 大間-宮古(岩手県) 211NM
24日(月) 八戸-宮古 大間-宮古 オーバーナイト
25日(火) 宮古(予備日)大間-宮古 オーバーナイト
26日(水) 宮古-石巻(宮城県) 127NM
27日(木) 石巻-小名浜(福島県) 24時着岸予定 93NM
28日(金) 小名浜-大洗(茨城県) 14時着岸予定 41NM
29日(土) 大洗-勝浦(千葉県) 24時着岸予定 93NM
30日(日) 勝浦ー三崎(神奈川県)勝浦-下田(静岡県) 21時着岸予定 81NM
1日(月) 横須賀(帆船Bima Suciの出迎え)下田-沼津(静岡県) 52NM 16時沼津港到着
2日(火) 横須賀ー下田(静岡県)
3日(水) 下田-静浦(静岡県) 52NM 16時到着予定

乗船のお申込み

以下ボタンをクリックし、日程・場所・お名前等を記入下さい。
折返し、スタッフより返信致します。
(数日回答がない場合は、溜船長 090-7319-9161 までお電話下さい)

お申込みはこちらから

乗船料金

1日乗船料金:12,000円(昼食、おやつ、飲み物込み)
船内泊も可能です。
2日間以上連続して乗船される場合は、1日乗船料金x乗船日数の料金をいただきます。

その他、持ち物等は、こちらをご確認ください。