Capitanの話 6. 広瀬と舞鶴 180804


前回、舞鶴の港は引き揚げ船が着いた街、と暗いイメージだけを書いたのだが、反対に本当はからりと明るいイメージを持っている。舞鶴の街は駅から北に向かって広めの通りが並び、三条通りなど通りは条で呼ばれている。それに対して東西には日露戦争当時の連合艦隊司令、東條平八郎にちなむ軍艦の名前が付く。駅に近い順で、三笠通り、初瀬通り、朝日通り、八島通りと続く。
朝日通りの前に立ち止まり一人の男を思う。大分県竹田市岡城の近くで生まれた海軍軍人広瀬武夫。彼こそ郷土の若人の憧れだった。軍人として、というよりも青年広瀬に憧れた。豪放磊落、且つ優しさに溢れていたという。将校時代、戦艦朝日の水雷長として舞鶴に寄っている。青年の頃、海軍大尉時代、もっとも彼の人生は青年(37歳の若さ)で終わってしまうのだが、柔道に熱中したロシアの駐在武官時代のエピソードはよく知られた話だ。現在、ロシアの人達の柔道好きは彼に依るところが大きく、九州の若人だけでなくロシアの人々からも愛されたと聞く。彼の死後、ロシア婦人アリアズナは愛する武夫を想い喪に服した。
戦艦朝日の名が付いた通りに立って広瀬武夫を思い出す。 
“俺の顔は八角時計の様じゃ!”彼の豪快な声が聞こえた。
カラッとした夏の空の様。

Schooner Ami 船長 溜 光男
2018/08/04